骨盤ウォーカーベルトのクチコミ

骨盤ウォーカーベルト

骨盤ウォーカーベルトをご存知ですか。

 

テレビでも紹介されたことがあるので、商品名を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この骨盤ウォーカーベルトは、巻くだけで様々な嬉しい効果があり、芸能人やモデルにも大人気な商品です。

 

今回は骨盤ウォーカーベルトについて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

骨盤ウォーカーベルトのクチコミ

 

まずは実際に骨盤ウォーカーを使用している人のクチコミをご紹介します。

 

どんな嬉しい効果があったのでしょうか。

 

 

腰痛が治った

 

病院や整体に通っても、その時はラクにはなりますが、時間がたつとまた腰痛に悩まされるという方も多いのではないでしょうか。

 

30代40代では、なんと約7割もの方が腰痛を経験しているそうです。

 

日常生活にも色々と支障をきたす腰痛、なんとかしたいですよね。


 

 

ダイエット効果があった

 

続けることが難しいダイエットも、骨盤ウォーカーベルトなら1日1回でいいという手軽さ。

 

簡単に継続することができます。

 

きつかったスカートのウエストが緩くなったというような、嬉しい報告もたくさん見つけました。

 

装着しているのが苦にならないというのも、長く続けることができる要因となっているようです。


 

 

産後にぴったり

 

 

産後に体型を戻したいと考えた時、必要なのは骨盤矯正です。

 

矯正する方法はいくつかありますが、手軽に行いたいなら骨盤ウォーカーベルトがおすすめです。

 

産後の忙しい時期に自宅で手軽にできるのは嬉しいですよね。

 

姿勢が整うので、育児や家事などの疲れを軽減することもできるようです。


 

 

 

骨盤ウォーカーベルトの公式サイトはコチラ
 ↓ ↓ ↓


骨盤ウォーカーベルトの効果

ご紹介したクチコミでは、骨盤ウォーカーベルトは、腰痛やダイエット、産後の体型戻しに効果があるということでした。

 

骨盤を正しい位置に戻すことで得られる効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、骨盤ウォーカーベルトが対応している3つの骨盤のゆがみについてご紹介します。

 

上部ベルト

大きなお尻の原因は骨盤の開きにあります。

 

下半身ばかりが太くて、ダイエットをしてもあまり効果を感じられない方は骨盤の開きが原因かもしれません。

 

開いている骨盤を上部ベルトでぎゅっと閉めることで、小尻効果を感じることができます。

 

 

仙骨パッド

ぽっこりお腹の原因は骨盤が反ってしまっていることにあります。

 

仙骨ベルトをグッと締めることでこの問題は解消されます。

 

他の骨盤ベルトには仙骨パッドが付いていないので、この仙骨パッドが骨盤ウォーカーベルトの大きな特徴と言えるでしょう。

 

骨盤のズレの第一歩は、仙骨と腸骨間にある仙腸関節という骨のズレと考えられます。

 

骨盤全体をしっかりと固定するベルトの他に、仙骨パットが装着されていることにより、自然と姿勢も良くなり歩行もラクにしてくれます。

 

 

下部ベルト

ジーンズなどをキレイに履くことができない原因のひとつに骨盤の傾きがあります。

 

この傾きを下部ベルトが整えて、ウエストやヒップのバランスを保ってくれます。

 

 

骨盤ウォーカーベルト

 

骨盤ウォーカーベルトの使い方

骨盤ウォーカーベルト

巻くだけで効果のある骨盤ウォーカーベルトですが、毎日継続して使用することが大切です。

 

習慣化できるように使うタイミングを決めるのもおすすめです。

 

1回10分、骨盤ウォーカーベルトを装着して簡単な骨盤体操をするだけでスレンダーボディを手に入れることができます。

 

慣れれば装着した違和感もなくなるので、装着したまま家事をしたり、ウォーキングをしたりすることも可能です。

 

モニターが30分装着した体験テストでは、最大で8センチもウエストサイズがダウンしたという驚きの結果が出ています。


骨盤ウォーカーベルトの付け方

ご紹介したように嬉しい効果の得られる骨盤ウォーカーベルトですが、正しい付け方をしないと効果も半減です。

 

 

正しい装着の仕方を見ていきましょう。

 

まず、骨盤ウォーカーベルトは、素肌ではなくアンダーウェアの上から装着します。

 

基本的にはフリーサイズなので、自分の骨盤のサイズに合わせてベルトを巻きます。

 

あまりに強く巻きすぎると内臓を圧迫してしまうので注意しましょう。

 

また長時間の装着も、圧迫してしまう可能性があるので避けましょう。

 

もちろん就寝時に装着するのもNGです。

 

 

 

就寝時はどのような動きをするか計り知れませんので、逆に骨盤のゆがみを助長してしまう恐れがあります。

 

まず、上部ベルトは腰骨の出っ張り部分に強めに巻きます。

 

 

下部ベルトは、いちど下に引っ張ってからお尻全体を包み込むようにして股関節の出っ張り部分に当てて前で留めます。

 

この時に気をつけるポイントは、腸骨と下の大転子の2ヶ所を締めるようにすることです。

 

 

 

大転子は、股関節横あたりのちょっと出ている骨のことです。

 

大転子が出ているということは、骨盤のゆがみや下半身の崩れが起きていることをあらわします。

 

 

ここが矯正できると、気になるお尻や太ももをサイズダウンさせることができるのです。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

今回は骨盤ウォーカーベルトについてご紹介しました。

 

骨盤ウォーカーベルトの詳細は公式サイトで確認してみて下さいね。
 ↓ ↓ ↓

 

>>骨盤ウォーカーベルトの公式サイト

 

 

 

骨盤のゆがみが原因で、身体には様々な影響が出てきます。

 

 

毎日続けるだけで骨盤のゆがみを矯正することができる骨盤ウォーカーベルトは、手軽に始めることができておすすめです。

 

気になった方はぜひ使用してみてください。

更新履歴